女性

治療を受けよう

治療できる症状

女性

生活していると色々な症状に悩まされます。病院には専攻としている診療科目があります。それぞれの専門医が、治療に携わり適切な処置をしてくれます。ここでは診療科目の中でも耳鼻咽喉科に関して紹介していきます。まず、耳鼻咽喉科でどんな症状の場合対応できるのか知っていきましょう。耳鼻咽喉科という文字を見れば、耳、鼻、喉、口の診療ができることが分かります。例えば、耳の症状で言えば耳の痛み、痒み、つまり、難聴、出血などの症状が挙げられ、これだけの症状だけではありませんが耳に関してだけでも幅広い症状を取り扱っているのです。また、耳、鼻、喉、口以外の症状に関して挙げると、口腔や食道、気管しての診療を受けることも可能です。耳鼻咽喉科は実は、気管・食道科、頭頸部外科と呼ばれることもあり、想像以上に広い範囲で診療が可能なのです。

早めの診察

耳鼻咽喉科で取り扱うことのある疾患に関して、神経外科や神経内科、眼科、口腔外科、形成外科など、他の治療科目とも共通した関わりをもつことがあります。そのため、耳鼻咽喉科のドクターは幅広い知識を兼ね備えた方が多くなっているのです。
新宿区にある治療院では、ファイバー検査での診察や治療を行っており、予防接種も取り扱っています。鼻風邪、喉風邪など軽い症状でも診察が可能です。
耳、鼻、喉という器官は生活する上では欠かせないものです。少しでも不調に感じると勉強や仕事にも影響がでることもあります。耳鼻咽喉科で取り扱う病状は軽度だけではなく、神経や脳にも関わることがありますので、早期に診療して解決することが好ましいでしょう。

突発性の病気

耳

現代では様々な病があります。そして、そのどれもが誰にでも起こりうる事なのです。普段から体調の変化に気をつけていても、突然病気になってしまう突発性の病もなかにはあるのです。

詳細を確認する...

自分に合う物を探す

看護師

耳の聞こえを良くするアイテムとして、補聴器が存在しています。購入して使用することもできますが、レンタルで補聴器を使用し、自分に合った補聴器を選ぶこともできます。種類が豊富なため、効率良く探すことができます。

詳細を確認する...

聞こえにくい

病棟

年齢を重ねるごとに聴力が低下してきます。この症状を、老人性難聴といいます。日常会話に支障をきたすことで、周囲とのコミュニケーションを図れなくなります。会話の楽しみをなくさないためにも補聴器を装着しましょう。

詳細を確認する...